« どうでもいいこと | トップページ | ひっこしました »

またいつか

Img_0989

17年半一緒に暮らしてきたロシアンブルーのミルがとうとう逝ってしまいました。

覚悟はしていた。でも覚悟なんてなんにもならない。

去年2月に家の本体が引っ越してからの1年は、ほんとに濃密な1対1の日々だった。お互いに依存しきっていたからこの別れは想像していた以上の激しい喪失感をもたらした。

ひとりぼっちになってしまった誰もいない家。

毎日、玄関にお迎えにきてくれたミル、おやつをおねだりして行儀よく長い尻尾を巻き付けて座っていたミル。お風呂の洗面器で水をのんでいたミル。引っ越し段ボールにのぼって爪とぎをしていたミル。2階の南側の窓際で日向ぼっこが大好きだったミル。

夜にはうるさいほど喉をならしてわたしの腕枕で寝ていたミル。

大阪から飛行機にのってきた4か月のミル。レオととても仲良しだったミル。

Img_0991

心も自分で全くコントロールできないし把握できない。
昨日までいたものがいないという喪失感。なぜいないのかと問うてしまう。

命のある暖かい生きているものがそばにいなくなった喪失感。毎日撫でて抱いてほおずりしていたことができなくなった悲しみ。こちらの働きかけに反応する知能と愛情のある相手がいなくなった孤独感。

認めたくない気持ちのためにご飯ボウルやトイレはそのまま、毎日していたように水も替える。でもそれらを直視できなくて、目をそらしながら作業をしてしまう。誰もいない家に帰るのが辛い。でもミルと一緒にくらした家に帰りたい。

毎日、ふいに彼女の姿や表情が浮かんで、同時に嗚咽がこみ上げる。

当分立ち直れそうもない。彼女がいなくなったことで私の生活の基盤も変わってしまう。

 

桜吹雪に本物の雪が混じる中、佐久の山小屋にいって一晩一緒に眠り、翌日レオのとなりに埋葬した。

二人また一緒になれてよかったね。レオ、ミルをよろしくね。

 



|

« どうでもいいこと | トップページ | ひっこしました »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ミルちゃん、旅立たれたのですね。
喪失感、わかります…私も慟哭しました。
なんでいないの?って納得できずに、波のように押し寄せてきて、ぐっと胸が詰まることもありました。
それでも少しずつ落ち着いてくるんですよね。時間ってすごい。
ミルちゃん、いつか帰ってきてくれますよ。

投稿: ヒバリ | 2018-05-05 07:27

ヒバリさん
こんにちは、いつものセリフですがご無沙汰です。
とうとう逝ってしまいました。一晩と半日。いきなりでした。
まだ鼻の奥がツンとしてきますが、おっしゃる通り少し落ち着いてきました。
とはいえ、ご飯も水もいつものようになにもかたづけられませんね、まだ。

ほんとになんでいないの?ってその通りなんですよね。納得できなくて受け入れられなくて、昨日と同じでないことがどうしても理解できなくてね。
時が来たらきっと別の姿でまた来てくれるんでしょうね。その時を待ちます。

ちなみにここはお引越しすることにしました。
アドレスはメールでお知らせしますね。

投稿: | 2018-05-08 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうでもいいこと | トップページ | ひっこしました »